Panasonic CS-251CFR-W(2011年製)ドレンパンまで外してクリーニング

2020年8月22日

本日は、ドレンパンまで分解してのエアコンクリーニングを行ったので、ご紹介します。
対応機種は、PanasonicのCS-251CFR-W(2011年製)のスタンダードタイプの壁掛けエアコンです。
今回のお客様は、汚れと臭いが気になっていて買い換えかクリーニングかで迷っているとのことでしたが、ドレンパンまで外してのクリーニングをご提案差し上げまして、やってみようとなった次第です。

おそうじ本舗の壁掛けエアコンの標準クリーニングでは、カバーやルーバーの分解はしますが、ドレンパンまでは分解せずクリーニングします。
アルミフィン(熱交換器)の裏側の部分は、目視確認できないので、状態によってはドレンパンまで外す(場合によっては、ファンまで抜く)ことで、安心感を得ることができます。

生乾き臭がする、かび臭いといった場合は、ドレンパンに付いたカビや汚れが原因のほとんどなので、外せるものはすべて外すクリーニングはお勧めです。

ドレンパン外しはオプション(税別¥3,000)で承ります。
シロッコファン抜きはオプション(税別¥2,000)でございます。


さて、ドレンパンを外した状態が下の写真です。


DSC_1536


吹き出し口の中は真っ黒のカビが一面に付いています。
この写真では、ファンは見えづらいですが、ホコリとカビがびっしりでした。
においが気になるのも当然ですね。


DSC_1537


取り外したドレンパンです。
カビカビですね。
ひどい場合は、ヘドロ状のものが溜まっていたりしますが、そこまででなくてよかったです。


DSC_1538


クリーニング後のドレンパンです。
ドレンパンの中に発泡スチロール素材の部分があるのですが、そこに落ちた錆は落とせませんが、カビはキレイに落とせました。


DSC_1539


吹き出し口の中とファンもキレイになりました。
これでしばらくは現役続行となりましたので、めでたしめでたしです。


エアコンの汚れが強かったり、カビ臭が気になっているようでしたら、徹底分解してクリーニングしてみませんか?
ドレンパン外し、ファン抜きのオプションをご希望の方は、おそうじ本舗町田鶴川店の鳥山までお問い合わせ下さい。(設置場所、一部メーカー・機種によっては、対応できない場合がございますので・・・)


おそうじ本舗町田鶴川店 代表 鳥山 浩道
0120-032-140
090-3407-0470
machidaturukawa-toriyama@osoujihonpo-owners.com


お見積り・お問い合わせはこちら
pagetop