川崎市麻生区岡上でダイキン AN63VRP-W(2018年製)の通常ではないお掃除ユニット分解

2021年5月2日

本日は、2018年製のダイキン AN63VRP-Wというおそうじ機能付きエアコンの分解クリーニングを承りました。
が、右寄りピッタリに設置されていて右側面にある基板からコネクタを抜こうにも手が入らない状況でした。

DSC_1764
パネル類を取り外した状態はこんな感じ。
今回は、エアコンの上側に十分な隙間があったので大丈夫でしたが、この機種はお掃除ユニットがアーチ型になっているので、天井が近いと当たってしまい配線を外せてもお掃除ユニットは取り外せないので、事前に確認が必要です。
DSC_1762
受信部の配線とお掃除ユニットの配線が繋がっている基板があるところはこれしか隙間がありません。

実は、ご予約受付時に型式や設置場所について伺っていたので、通常の分解ができない可能性があることをお伝えしてありましたし、その場合の対応は2パターンほど用意していたので問題ありません。

まずは、受信部の取り外しです。
写真を撮り忘れましたが、吹き出し口の上のカバー裏に小さな基板があるので、基板ごとか基板にささっている2個のコネクタを取れば外せます。

次にお掃除ユニットから基板に繋がっているものを外します。

DSC_1763
お掃除ユニットの左側にある2個のコネクタを抜いてお掃除ユニットの下に這わされている配線をクランプから外せば左側の干渉はなくなります。

DSC_1762
お掃除ユニットの右側は電装ボックスとユニットの間にあるモーターを外します。
配線のテンションがかかっているので、テンションを少し緩めれば何とか外せます。

DSC_1765
取り外したお掃除ユニットがこちら。
配線がありませんね。
DSC_1766
お掃除ユニットが取り外された本体がこちら。
この後、養生してしっかり洗浄いたしました。
今回は、通常ではない方法での分解をご紹介しました。
どのように設置されているかでセオリー通りの分解ができないことがたまにありますが、何とかなることもあります。
当店では、受付時に機種や設置場所などについてヒアリングさせて頂いておりますが、こういうケースがあるかもしれないので、細かいこと聞くなーとおっしゃらずに教えて頂けると幸いです。

エアコンキャンペーン第一弾が始まりました。
鶴川地区の皆様からのお問い合わせ、お申し込みをお待ちしておりますので、よろしくお願い申し上げます。


おそうじ本舗町田鶴川店
代表  鳥山 浩道
machidatsurukawa-toriyama@osoujihonpo-owners.com
0120-032-140/090-3407-0470

お見積り・お問い合わせはこちら
pagetop