浴室クリーニング(浴室乾燥機のカビ、黒系バスタブの水アカ、床の黒ズミ)

2018年4月29日

2018.4.14

町田市南成瀬のお客様からのご依頼です。

まずは浴室乾燥機のクリーニング。
カバーを外すと結構なカビとホコリとご対面。
分解清掃し、スッキリ、キレイに。
ファンハウジングもキレイにして新品同様です。

DSC_06271-e1525005346394
Before
DSC_0629-e1525005372582
After
DSC_0628-e1525005410157
before
DSC_06301
After


次に黒いバスタブの水アカと石鹸カスと勝負です。
黒い素材に白い汚れでなので、誤魔化しはききません。
一見すぐに落ちそうに見えても積み重なった汚れは一筋縄では落とせません。
洗剤と器材と根気をもって、艶々した黒いバスタブに蘇りました!
DSC_0602
Before
DSC_0655
After


最後は床の黒ズミ。
この汚れが気になっていても見て見ぬふりなんてご家庭は結構あるのでは?

水アカが原因の場合はアルカリ性の汚れなので酸性の洗剤、皮脂汚れや石鹸カスが原因の場合は酸性の汚れなのでアルカリ性の洗剤を使います。
要するに、汚れの性質の逆の液性の洗剤を使えば、中和されて汚れを落としやすくなります。
この汚れは石鹸カスが主な原因だったので、おそうじ本舗のアルカリ性浴室クリーナーとハンドブラシを使って軽くコシコシして簡単に落ちました。

お店で売っているお風呂の洗剤はほとんどが中性だと思うので、強い汚れになってしまうと落とせないことでしょう。
積もり積もっての強い汚れになってしまうと、汚れを落とすのにそれなりの時間が必要になるので、日ごろのお手入れである程度のキレイをキープしましょうね。

明るさが増したようで、気持ちが良くなると思います。

DSC_0604
Before
DSC_0658
After


毎日入るお風呂。
そのたびに全部をお掃除するのは大変ですよね。

おそうじ本舗のホームページにも記載がありますが、上がる前に浴室内(特に腰から下)に水をかけて水切りか乾いたタオルで水気をとることで、お風呂の汚れは抑えられます。
お湯じゃなくて「水」がいいのは、冷たい方が浴室内の温度と湿度を早く下げられるので、カビも付きにくくなります。
浴室乾燥機があれば、乾燥させるとより効果的です。

それでも汚れが気になってきたら、お気軽におそうじ本舗 町田鶴川店までご相談下さい!


おそうじ本舗 町田鶴川店 鳥山
お見積り・お問い合わせはこちら
pagetop