洗濯機クリーニング(市販の洗剤とおそうじ本舗のクリーニングとの比較)

2019年3月16日

今回は、市販の洗剤の効果とおそうじ本舗のクリーニングでどの程度違うのかを比較したので、
ブログでご紹介します。
少々長くなりますが、最後までご覧下さいね。
DSC_0752-e1552645176630
自宅で毎日頑張っている15年物の東芝製 AW-D703VP(W)という機種です。

おそうじ本舗の洗濯機クリーニングは、
「完全分解クリーニング」と「除菌クリーニング」の二種類あります。

洗濯機はネジやボルトが錆びていたり固着していることがあるのですが、
問題なければ完全分解、分解不可なら除菌クリーニングという二本立てでサービスしています。

まず、問題なく分解できれば、洗濯槽を取り出すことができるので、
市販の洗剤、除菌クリーニング、完全分解クリーニングの差をお見せしたいと
この日のために汚れを溜めておきました。

満を持して作業開始!
DSC_0754-e1552646659994
パルセーターと洗濯槽カバーは難なく外せました。
第一関門はクリアです。

裏側はヌルヌルがしっかり付着してました。
DSC_0758-e1552646742537
パルセーターを外すと底も強いぬめりが付いています。
液体洗剤を入れるところもかなり汚れていました。

洗濯槽の4個あるナットは錆てしまっていてTレンチで回すと舐めてしまって外せませんでした。
残念ながら、洗濯槽を外して汚れ具合をお見せすることはできません。
市販の洗剤でクリーニングした後、おそうじ本舗の除菌クリーニングをして、その差がお見せできればと思います。
DSC_0757-e1552646792136
洗濯槽と脱水槽の間の汚れもかなりのものです。
DSC_0759-e1552656592113
市販の洗剤は、どこでも売っているやつです。

洗濯槽に水を最高水位まで注いで、これ一本(550cc)を投入。
槽洗浄機能を使って洗うとの説明書きです。

主成分は、次亜塩素酸ナトリウム。
いわゆる塩素です。
DSC_0760-e1552657340729
洗浄中の水です。
かなり濁っているので、汚れは落としているのでしょう。
DSC_0761-e1552657379906
洗浄が終わったところです。
所要時間は約1時間。
パルセーターの上に小さなカスが少々残っています。
これは拭き取って市販洗剤でのクリーニングは完了です。
中のにおいを嗅ぐと薄っすらと塩素臭がしました。
DSC_0766-e1552658541404
パルセーターと洗濯槽カバーをもう一度外してみました。
汚れは少し落ちたような気がしますが、キレイにはなっていません。
DSC_0762-e1552657902190
次は、おそうじ本舗の洗濯槽除菌クリーニングです。

使用する洗剤と器材は左の写真の通り。
(この他にブラシやスポンジ、バケツにタオルなどあり)

強く付着した汚れは、洗剤に浸けただけでは落ちきれない汚れが残るので、専用の器材を使って強い汚れを落とします。
DSC_0764-e1552659951372
洗剤を付けただけでは汚れは落ちないので、パルセーターを外したついでに底を洗ってしまいました。
DSC_0768-e1552659987843
パルセーターもブラシでキレイにしました。
DSC_0777-e1552660018550
洗濯槽カバーもブラシでキレイにしました。
DSC_0770-e1552660298768
パルセーターと洗濯槽カバーを取り付け直して洗浄開始です。
まず、ダブル発砲クリーナーA剤を一袋投入。
シュワシュワーってなります。
DSC_0771-e1552660327936
A剤に続いて、発泡促進剤B剤を一本投入。
さらにシュワシュワーってなります。
DSC_0772-e1552660362458
洗剤を入れただけでご覧の通り。
市販の洗剤では汚れがほとんど落ちていないことが分かります。
泡のチカラだけで市販の洗剤とはこれだけの差があります。

これから洗いで約5分回します。
DSC_0773-e1552661245668
洗いを止めて、洗濯槽カバーを今一度外して洗濯槽と脱水層の間を洗浄します。

除菌クリーニングのためにおそうじ本舗が開発した特注ブラシを電動ドライバーに取り付けて、洗剤だけでは落とせない汚れに直接当ててキレイにします。
DSC_0774-e1552661293957
特注ブラシでクリーニングしたら、この通り。

洗濯槽の縁もハンドブラシでキレイにします。
DSC_0776-e1552661324452
この汚れをご覧下さい。

市販の洗剤はお手頃価格ですが、それなりということですね。
DSC_0778-e1552661370415
洗浄で出たカスはネットで可能な限りすくい取りますが、脱水した後、これだけ残ります。
次の工程のために一旦拭き取ります。
DSC_0779-e1552662432448
もう一度、最高水位までお湯を注いで、除菌クリーナーA剤を投入して洗いで5分ほど回します。

これが塩素系の洗剤です。

カスが出ていたら、カスをすくい取って脱水します。
DSC_0780-e1552662469178
もう一度、最高水位までお湯を注いで、除菌クリーナーB剤を投入して洗いで5分ほど回します。

除菌クリーナーA剤の残留を中和するためのものです。
DSC_0781-e1552662553739
すくい取った汚れはこんな感じです。

排水時に出て行った分もあるので、相当な汚れを落としたことが分かります。
DSC_0783-e1552662593345
液体洗剤の投入口、柔軟剤の投入口、糸くずフィルターもキレイに洗浄して、すっきりキレイになりました。

中和処理までしているので、嫌な塩素臭もありません。


除菌クリーニングでは、ブラシなどで直接洗浄できない部分があるので、その点で完全分解でのクリーニングの方が優位ですが、十分ご満足いただけるレベルの仕上がりはご提供できます!

また、正式リリースはまだ先ですが、今までおそうじ本舗ではお引き受けしていなかったドラム式洗濯機に対して、当店では、除菌クリーニングをお試しで対応しております。
正式リリースを待てない方は、この機会に町田鶴川店までご相談下さい。

2019.3.15 おそうじ本舗 町田鶴川店 鳥山浩道
お問い合わせはこちら
pagetop